前へ
次へ

結婚指輪にダイヤが備わっている場合のデメリット

結婚指輪にダイヤがあるとデメリットになるケースもあります。
ダイヤがセットされていることで汚れ易い場合があります。
結婚指輪については風呂に入る際も炊事洗濯をする際も着けたままという人もよく見られます。
その結果、汚れが心配という意見も多くあります。
ダイヤには、油となじみやすい特性があります。
クッキングや清掃など、油分で溢れ返っている家事のみならず、女性の方であればファンデーションやリップなどでもダイヤに対して油が付いてしまいます。
ダイヤに付いた油を放置したままにしておくと輝きが減少し、くすむこともあることから、炊事洗濯をするときには結婚指輪を外す、或いは直ぐふき取ることが重要になります。
また、一定方向に割れやすい特徴があります。
ダイヤが金属によって覆われていることが多い結婚指輪はそれほど心配はいりませんが、ダメージをさけるために、硬いものにぶつける可能性が高い場合、指輪を外すと良いでしょう。

Page Top