前へ
次へ

結婚指輪の爪ありのメリットとデメリット

オーダーメイドによって結婚指輪を申し込む場合に、爪ありと爪なしを選択することができます。
爪ありには立て爪がセットされていますが、爪なしは宝石が埋め込みスタイルになります。
爪ありの主なメリットとして、見た感じが高品質なことです。
宝石が引き立ちます。
爪のみで支えることを通して、四方より光が入り込みます。
一方、 爪ありのデザインで留意されるのが、爪が服などに引っかかるケースです。
爪ありのデザイン性を選択するケースでは、服を着たり脱いだりするときに留意することが大切になります。
それに加えて、爪の留め方が甘い場合は、宝石を落とす可能性も考えられます。
爪がゆるま無いように決まった期間ごとのメンテナンスが欠かすことはできません。
4本爪と6本爪のデザイン性がありますが、数が多くある6本爪のほうがゆるみが少なくなります。
爪ありのデザイン性で結婚指輪を注文製作する時には、石落ちのリスクや耐久性など、留意する点をチェックしましょう。

Page Top